学生戦争裏設定

榎本千沙 エノモトチサ 身長:154cm HPB:4/24
黒軍1年 司令部隊 武器:拳銃
一人称:私 二人称:貴方、君、アンタ
イメージカラー:ウルトラマリンブルー
榎本千利(エノモトセンリ)の2番目の娘。風俗で働いていた時都築家の父親と間違いが起こって産まれた子供。当時千利には結婚して旦那がいたため産んですぐに祖父母の家に預けられ、7歳まで祖父母の家で育つことになる。祖父母は優しかったのでそこそこ幸せに暮らしていたが、祖父が死に、生活もままならない祖母に泣く泣く桐生孤児院に預けられた。最初は心を閉ざしていたものの桜や他の孤児院の子に打ち解け気持ちを新たに生活していたところを、白軍に攻撃され孤児院は全焼、大半の子供と孤児院経営者が亡くなった。この時11歳。なんとか生き残った千沙自身も当時は骨が折れ、今でも胸に大きな火傷を遺している。
それから軍が経営する孤児院に移され、もはや開く心はなく復讐だけを生き甲斐とし、日々勉強に励み、軍のことを調べ立てた。その時同じ孤児院にいた雪稀と浅葱には当時は協力してもらっていた。
現在、首謀者を探すだけでなく、首謀者が所属する白軍を叩き潰すことだけを考えて、友達も家族すら利用して戦争に明け暮れている。

篠原歪 シノハラヒズミ 身長:175cm HPB:10/17
黒軍1年 特攻部隊隊長 武器:日本刀
一人称:俺 二人称:お前、貴方
イメージカラー:キナクリドンレッド
城ヶ崎家の父親に遊ばれ捨てられた中の1人の女性の子供。騙されやすく感じやすい心を持った母親は、捨てられてからは自暴自棄、茫然自失であり、産まれた子がアルビノだったことが拍車をかけたのか、歪と名付けて常に嘆き続けた。小さな山奥の集落であったことが災いして、様子のおかしい母親と白くて赤目のその地域では見たこともない風貌の子供は簡単に村八分にされ、いじめられていた。右目は投げられた石が命中して失明した。母親は学校には行かせてくれたしご飯も与えてくれたが、時折泣いてお前が生まれて来なければと呪詛のように唱えた。中学3年生になったある日、癇癪を起こした母親に家を出ていけと言われて、それからホームレス生活が始まる。麓に降りてホームレスたちとコンビニの裏を漁ったりして生活していたが、鬱憤ばらしにホームレス相手に暴行を振るう兵隊の男に殺されかける。死にたくない一心で抵抗し、出来る限りの力で拳を奮った。相手が倒れ血まみれになっても何度も何度もその顔をぶん殴った。俺は弱くない、俺は弱くない俺は弱くない。勢いのままに兵士が持っていた刀を奪ってとどめを刺す。その後自分の暮らしていた集落に戻り、何日間もかけて住民を虐殺。人斬りの亡霊と噂され、解決に乗り出した黒軍に処刑される予定だったが、強い部隊まで駆り出さなかったおかげで大苦戦を強いられる。その頃黒軍の司令部にいた海太に腕を見込まれて拾われ、黒軍に入ることになる。そのため黒軍と海太には並々ならぬ感謝を抱いており、決して命令に背かない。

桐生桜 キリュウサクラ 身長:170cm HPB:4/1
黒軍2年 暗殺部隊(一般) 武器:槍斧
一人称:俺 二人称:お前、君、アンタ
イメージカラー:ランプブラック
桐生孤児院の息子で双子の兄。正義感が強く聡明で明るい性格。森の中にある孤児院か、麓の自宅かで生活していた。父親は黒軍の一般部隊の隊長で、よく桜と桃也を連れて修行に出かけていた。母親からは悪影響だからやめてと言われていたが強くなきゃ人を守れないからと割と無茶ぶりをされ続けた結果かなりの身体能力を習得している。学校でも孤児院でも一番の人気者だったが、そのことで弟が悩んでいると知ってから自分の力をセーブするようになり、運動はそのままだったが、テストの点はわざと低くとったり、子供っぽい言動をしたりするようになった。これが10歳の時である。
12歳の頃、白軍に森からの立ち退きを命じられ、孤児院の取り壊し及び子供たちを引き渡すことを条件に出されていた。母親は断固として取り合わなかったが、白軍の兵士は母親に暴力を振るっていたため怒り心頭の末、弟と画策して強硬手段に出る。森じゅうに罠を仕掛け、遭遇した兵士は襲って森から撃退していた。それが出来るだけの力は既に父親からの教えられていた。一時期白軍が遂にまったく姿を表さなくなったので諦めたと思い喜んで罠をはずした。そして冬、弟とおつかいに麓に降りていたとき孤児院は襲われ、数人除いて焼死。
その後父親と自宅で弟と3人で暮らしていたが中学3年生のとき父親が戦死。白軍に復讐を誓う千沙と再会して、それに協力することになる。千沙の策略で白軍に入り情報収集をして2年のとき黒軍に編入した。 元孤児院の子を家族同然に愛している。

桐生桃也 キリュウトウヤ 身長:170cm HPB:4/1
黒軍2年 諜報部隊 武器:毒薬(暗器)
一人称:僕 二人称:お前、君、貴方
イメージカラー:シルバーホワイト
桐生孤児院の息子で双子の弟。元は桜にそっくりな性格で一人称も俺、桜のことは兄さんと呼んで慕っていた。一般的に見たら何をやっても高水準ではあったが桜にだけは何をやっても劣り、何をやっても比べられることが嫌で嫌で仕方なく、どんどん内気な性格になっていく。桜のように人気者でもなく、桜と間違われることも多くなり、それを桜に当たってしまってから、桜は力をセーブするようになった。はじめは自分の存在を周りに認識してもらえるようになったり、以前に比べて貶められることもなくなったため喜んでいたが、だんだんこれじゃだめだと思い始め、言えないままずるずると日々を過ごしてしまった。
兄が白軍を撃退する計画を立てた時、大変なことになるような気がして反対はしたが止めることは叶わず結局それに協力してしまう。その後の事件で精神にダメージを負い、一時期茫然自失状態になり、学校で倒れる。運び込まれた病院で愛弓と出会い、愛弓のおかげで心を取り戻すことが出来た。
桜と同じく策略として白軍に入ったが、白軍で過ごすうち白軍を潰すことに意味があるのかどうか疑問に思い始めて千沙に反対する。しかし銃を突きつけてまで協力を促す妹分にそれ以上強く言うことができずに2年次黒軍へ編入。だが千沙には復讐なぞさせずに幸せになってほしいと考えているので、黒軍内部でバレない程度に情報撹乱工作を行っている。解決の目処は立たないが白にも黒にも決定打を与えたくないとは思っている。

東雲雪稀 シノノメソソギ 身長:157cm HPB:8/19
黒軍2年 一般部隊隊長 武器:鞭
一人称:私 二人称:君、貴方
イメージカラー:ライラック
東雲道場の娘。父親と再婚相手の女性との間の子で、父親には大変かわいがられていた。が、父親の兄に対する性的虐待や暴行を見せられ続けたため父親が大嫌いで大抵の男も嫌い。兄を守れるように強く強くと願い鍛錬を続け今に至る。東雲流殺法の使い手。刀も少しなら扱える。
11歳の頃両親が戦死したため軍経営の孤児院に入ってそれなりに平和に暮らしていた。その時千沙に出会うがあまり好かれてない模様。
兄は父親が赤軍出身だったため赤軍に入ったが、それが理由で赤軍にだけはどうしても入りたくなく、千沙の動向も気になるしということで黒軍に入った。とにかく面倒見がいい。

織部愛弓 オリベアユ 身長:160cm HPB:7/12
黒軍3年 諜報部隊 武器:弓矢
一人称:あゆ、私 二人称:君、貴方、あだ名
イメージカラー:バライタグリーン
生まれつき喘息で病弱だったため、小中あまり通えずほとんどの時間を病院で過ごす。父と弟に苦労かけていることが心苦しかったが2人とも優しかったため救われていた。シャーロックホームズが大好きで網羅している。他にも小説や伝記をたくさん読み、父親から言われて毎日欠かさず新聞を読み、たまにくる知り合いの刑事などと話していたためそのへんにいる子供よりよっぽど賢かった。昔から気丈な性格なため大人にもかわいがられていた。
部屋が空いていなかったため一時的に同室となった桃也と知り合い、事件のことを知り、拒絶されつつも根気よく励まして友達になった。
親には普通の高校を薦められたが色々な社会問題の学びの場でもある戦争の舞台を選ぶ。
高校にあがる頃には体調も落ち着いていたので後方支援として一般部隊に所属していたが、そろそろ厳しいと診断を受けたため諜報部隊に変更した。

汐屋海太 シオヤウミタ 身長:178cm HPB:8/30
黒軍3年 雑務部隊 武器:チャクラム
一人称:俺 二人称:君
イメージカラー:インディゴブルー
榎本千利の1番目の息子。汐屋家の当主と婚約していたが子供が産まれても結婚しようとしないので問い詰めたところやはり庶民とは結婚できないと言われた上に、既に財閥の令嬢との隠し子までいた。親権は好きなようにと言われ、あまりの辛さと1人で子供を育てられる自信のなさから親権を父親に譲る。隠し子が渚、譲られたのは海太。2人が3歳の頃である。その後すぐに汐屋の当主と令嬢は結婚して、海太は汐屋の分家に養子として出された。
本家への嫉妬にまみれたその家で海太はとんでもなくスパルタを強いられ、遊ぶ時間はほとんどなかった。学校でも泥だらけになったりすることは許されないので男子達に混じって走り回ることはできず1人でいることが多かった。成績は本当によかった。
渚に勝てと言われて育てられ続けたがそれとは関係なしに自分の不幸は渚と渚の父親のせいだと思うようになり強い憎しみを抱く。渚を傷つけて立ち直れなくするという嫌がらせをしたいがために分家に猛反対されながらも白軍に入り、渚に取り入り信頼を得たところで手酷く裏切って、純粋な渚の心を折って汚してやるつもりだった。高2の時それを実行したが、どこまでも純粋な渚は憎しみを抱くどころか心配までしてくる始末でこれ以上どうしたらいいかわからなくなっている。今は黒軍で目的もなく日々廊下の掃除に励んでいる。

戸鎖銀太 トグサリギンタ 身長:162cm HPB:9/16
白軍1年 救護班 武器:逆刃刀
一人称:俺 二人称:アンタ、お前
イメージカラー:モーヴブルーシェード
小学生の頃はいじめられっ子を助けていじめっ子をボコボコにしてしまい、いじめっ子の親に訴えられ謝罪させられ親にも怒られ助けたいじめられっ子からも怖がられて完全に腫れ物扱いされたときに真っ直ぐだった心は完全にひねくれてしまった。小学生になってからずっと鍵っ子で両親は共働きで1人でご飯を食べたりしていても、両親を困らせまいと寂しいと言ったりしなかったのだが、いじめられっ子を助けたこと両親なら分かってくれるんじゃないかと思っていたのに面倒なことをするな、余計なことはしなくていいと言われてから両親を見限る。中学に上がっても不良と不登校を繰り返し親と学校にとにかく多大な迷惑をかけた。不登校しているとき、同じアパートに住んでいた千景と出会いつるむようになる。寮があるから軍へ進むことを決めた。親元からとにかく離れたかった。祝日も親から帰ってこなくていいと言われているので帰らない。

赤兎馬千景 セキトバチカゲ 身長:167cm HPB:3/14
白軍1年 一般部隊 武器:日本刀
一人称:俺 二人称:貴方、君
イメージカラー:ブライトレッドライト
榎本千利の3番目の息子。メンヘラ男に捕まって病んだ恋愛をした末に結婚した。5歳くらいの時までは平穏に暮らしていたが、その頃に千利が千景の前に千沙を産んでいたことが父親にバレ、離婚。親権は父親になったが、離婚した父親は人が変わったように荒れ果てネグレクトを決め込んだ。それを心配した母親からごく稀に金が送られてきていたので隠れて必要なものを買っていた。家も身なりも綺麗とは言い難く、小学生の頃はいじめられはしなかったが中学生の時は完全にいじめの的になった。が、その時陸上部の先輩だった桜に色々なところで助けてもらってからは依存するように桜に懐き、桜を追いかけて白軍に入った。そして軍を裏切った桜に強い失望を抱き、今は嫌っている。
母親から人にはとりあえず媚びろと教えられていたので常に人に媚びたような仕草をする。

風間伊波 カザマイナミ 身長:159cm HPB:7/30
白軍2年 一般部隊 武器:サバイバルナイフ
一人称:あたし 二人称:君、貴方
イメージカラー:オーロラブルー
風間財閥の社長令嬢として幼い頃から英才教育を受けていたが、一向に学力は上がらず反発ばかりするので母親には憎らしく思われている。7歳年上の兄は母親の理想の息子像で、信じられないくらい優秀なので母親の言いなりである兄を嫌っている。兄は伊波がかわいくて仕方なく、伊波が自由になれるよう勉学に励んでいるが何も伝わっておらずむしろ居場所を奪われていると思われている。
とにかく親に反発することに余念がなく礼儀もなく、大事なパーティなどでも色々とやらかすのでついに親に破門され、役立たずも死ぬくらいなら出来るでしょうということで白軍に放り込まれる。今は自由を謳歌して楽しんでいる上死んでやる気はさらさらない。

雪谷玲 ユキガヤレイ 身長:172cm HPB:12/2
白軍2年 一般部隊 武器:日本刀
一人称:俺 二人称:お前、貴様
イメージカラー:バジターブルー
雪谷財閥の息子。風間財閥とは癒着関係にあり、伊波とは何かと一緒に過ごすことが多かった。家が白軍の一派なので白軍に行くことは子供の頃から決まっていた。小学生のとき東雲道場に通っており、浅葱と雪稀には連敗を重ね勝手にライバル視しているがちゃんと東雲流殺法の使い手である。
うちでは常識人で振り回されがちなギャグ担当に落ち着きつつあるが、戦争に対してはシビアに考えており大を生かして小を殺すことを肯定するとまでいかなくとも仕方のないことだと思っている。

汐屋渚 シオヤナギサ 身長:176cm HPB:5/4
白軍3年 諜報部隊隊長 武器:アサルトライフル
一人称:俺 二人称:お前、君
イメージカラー:セルリアンブルー
汐屋家が運営する大企業の御曹司。武器を海外と取引する企業。出生は海太のところに書いた通りだが本人はその事を何も知らずに厳しいが優しい両親に蝶よ花よと育てられ真っ直ぐで賢く優しく成長した。12歳の頃誘拐にあい、殺人現場を目撃してしまったが超過保護両親により海外の技術で記憶を消されてしまった。その時親友の空のことを覚えてはいたが記憶が薄れてしまい、養子として新たに出会い共に暮らす。
海太のことはいとこだと紹介されており、人当たりがよく頭の良い海太を尊敬していた。裏切られたこともなにか事情があってのことだと思っている。

向坂空 サキサカウツホ 身長:180cm HPB:5/23
白軍3年 司令部隊参謀 武器:バズーカ
一人称:私 二人称:君、貴方
イメージカラー:ウォーターブルー
小学生の頃は借金まみれの家庭で病んだ両親を心底軽蔑していた。それでも我慢して暮していたのだが、ある日家に帰ると親友の渚が縛られてナイフを突きつけられていたので驚き、理由を聞くと子供を人質にあの大企業の社長から身代金を巻き上げて、借金を返済したらうんたらかんたらと夢物語を語り出して呆然とする。その話を聞いた渚がもがいて呻き声をあげたことに怒った父親が渚に手を上げたことで堪忍袋の緒が切れる。近くにあった先の鋭いハサミで頸動脈をぶった切り、取り落としたナイフで母親を殺した。犯人は見つかってないということになっているが多分外なる力が働いたんだと思う
その後汐屋家に養子として引き取られ、渚とともに英才教育を受けて暮らす。
実は渚を攫うように両親を唆したのは海太の家の人なので海太のことは快く思っていない。(そのことは海太も知らない)

鏡夜·アルファーノ キョウヤ 身長:165cm HPB:3/20
赤軍1年 暗殺部隊 武器:ナイフ×2
一人称:俺 二人称:君
イメージカラー:カドミウムイエローディープ
イタリアで暮らしていた時強盗に遭い両親と妹が殺されたが、その時に睡拳の才能が開花したため殺されずにマフィアに連れていかれ日本の赤軍に売られた。暗殺者として名を馳せた克牙の父親に克牙とは別々に育てられ、常識はからしきだけど実力は半端なく育ち、そのため倫理観もあんまない。赤軍の所有物みたいなものなので勉強などもあまりしなくても怒られないし学校に来なくても怒られないので一般の子供からはえこひいきだとハブられたりしてきた。自分に攻撃的な人にはまったく興味を示さないが優しい相手にはすぐ懐いて取り入る。
やりたいこともないし行くところがないので惰性で赤軍にいる。

日塔遥真 ニットウハルマ 身長:174cm HPB:???
赤軍1年 司令部隊 武器なし足技
一人称:俺 二人称:貴方、君
イメージカラー:グレイオブグレイ
コインロッカーベイビーズ。運良く老夫婦に発見され割と愛されて育ってきた。が、元からちょっとイカレ気味なので他人の悔しがる顔が大好きで強い人にすぐ勝負をふっかけるがとんでもなく卑怯な方法で勝ったりする。
今日も元気。

郡屋閑奈 コオリヤシズナ 身長:152cm HPB:10/21
赤軍1年 諜報部隊 武器なし素手
一人称:あたし 二人称:アンタ、君、お前
イメージカラー:カドミウムレッドパープル
島で母親と二人暮らし。普通に幸せだが都会に憧れて上京してきた。怖いもの知らずで怖気付くということがない。礼儀もない。イケメンやびしょうぢょを隠し撮りしてチェキを売るバイトをしている。勝手に。メイクやコーデを考えるのが得意で、人にするのも好きだが顔のいい人限定。顔がいいは正義。

諸星克牙 モロボシカツキ 身長:161cm HPB:6/25
赤軍2年 暗殺部隊隊長(情報) 武器:斧
一人称:私 二人称:君、貴方
イメージカラー:ローズマダー
元暗殺者で今は鍛冶屋の父親と中学の頃まで一緒に暮らしていたが、何故か父親が帰ってこない日が多く不安な日々を過ごした。父親に認められたくて暗殺者になり、隊長にまでなったが、人を殺すことには慣れたがいまだに罪悪感を抱いている。
鏡夜とは中学で知り合い、荒んだ風な後輩をほっておけずに世話を焼いているうちに懐かれて、今も同じ部隊にいる。

影山瞬 カゲヤマシュン 身長:167cm HPB:11/13
赤軍2年 暗殺部隊(諜報) 武器:ナイフ
一人称:俺 二人称:キミ
イメージカラー:ジェットブラック
借金を抱えた父親が見せしめとしてヤクザに殺され、巻き添えで母親も殺された。必死に土下座して妹だけは助けてくださいと頼んだところ兄妹揃って殺し屋に放り込まれそれから裏稼業生活が始まる。何でもするから妹は普通に生きさせてもらえるよう頼んだら、雑用などはさせられても殺しは任せないと言ってもらえたので安心し、更に住居や生活費も与えられたのでそれはもう必死になんでもやったしなんでも殺った。瞬が高校に上がった頃、妹が自殺した。中学2年生だった。直前に妹から実はずっと組の人と援交をさせられていたこと、それをさせるために両親を陥れて俺達を捕まえたこと、そして俺達が殺し屋の1味だということがクラスでバレてしまっていたこと、そのせいでいじめられていたことを教えられ、「あたしはいいけど、お兄ちゃんのこと馬鹿にされるのは許せないからみんな将来を失えばいいと思ったの、あたしたちみたいに」そう言って目の前で飛び降りて死んだ。けどいじめを隠蔽したい学校側に本来訴える家族というのは瞬しかおらず、ボスには余計なことを言うなと言われてしまったため結局いじめっ子は厳重注意という形で済まされた。ので、我慢出来ずいじめの首謀者は全員殺した。これで俺が捕まったら、殺し屋のことも全部吐いて全部ぶっ潰して、それで死刑になったって別にいいんだと思っていたが何故かその事実はもみ消されニュースにもならなかった。
無力な自分を呪い、日々を生きている。

織部真澄 オリベマスミ 身長:172cm HPB:5/16
赤軍2年 雑務部隊 武器:拳銃
一人称:俺 二人称:君、お前、貴方
イメージカラー:ミストグリーン
瞬とは昔仲良しだったが引越しで離れ離れになってからは疎遠になっていた。病弱な姉と忙しい父だったので家に1人のことが多く、寂しがり。
大人びすぎて友達はあんまりいないが、立場はそんなに弱くなく、社会的にやられたら社会的に何気なくやり返したり、暴力をいなすのもめちゃくちゃ得意。
文章を書くのが上手く、好き。

東雲浅葱 シノノメアサギ 身長:175cm HPB:2/18
赤軍3年 司令部隊参謀 武器:日本刀
一人称:僕 二人称:君、お前、貴方
イメージカラー:エメラルドグリーン
父親に暴力という名の愛を死ぬほど与えられて育ったので打たれ強く、戦闘も強い。1番熱心に指導されていたため東雲流殺法は舎弟の中でもトップクラスの実力。
父親に虐待されていたが父親を尊敬しており、同じ赤軍に進む。命令される立場が嫌で、司令部に入る。